活字中毒者の乱読日記 印象批判100%
マイケル・アダムス『精神分析を受けに来た神の話』
マイケル・アダムス、勝野憲昭訳『精神分析を受けに来た神の話 幸福のための10のセッション』青土社、2009.1、210p、1900-

プロローグ
序 水先案内人
セッション1 ウェイクアップ・コール
セッション2 ある通院患者
セッション3 フラッド・ゲート
セッション4 限界点
セッション5 内なる旅路
セッション6 創造する者
セッション7 過去への扉
セッション8 閃光
セッション9 啓示
セッション10 祈り
神からのミッション
エピローグ
討議のための問いかけ
謝辞
訳者あとがき

精神科医リチャードの留守番電話に、予約希望のメッセージを入れたガブリエル。いちばん早い時間の予約を、という希望で翌日の朝9時に来院したかれは、リチャードにこう告げた。
「私は神です。神として私はここに憂鬱を晴らしに来ました」(21.14)

どん引きするリチャード。
リチャードもその恩師も、ガブリエルは「自分を神と確信する精神異常者」(189.15)と認識しているが、頭の回転の速いガブリエルと、神学、哲学、人間観などの会話をするのは楽しく、リチャード自身が多忙のうちに追いやっていた記憶や、若い理想を思い出すきっかけにもなるものだった。

キリスト教圏に生まれ育ったものの、学問や試作を進める中で、神または神的なものになんらかの疑念を持ち、そのことに罪悪感を抱くような経験があった人には、ものすごく琴線に触れる内容かもしれない。残念ながら、こうした人間存在と神的存在との拮抗や葛藤をよりおもしろく読むつもりなら、わたしには河合隼雄や岸田秀のほうが、知的ミーハーのアンテナをくすぐられる。なだいなだ『神、この人間的なもの』はさらにいい。

それと、訳文が、まるで報告書のようなこなれていない文章で、これも読後感に影響しているように思う。ウィットとエスプリに満ちたこの本の内容を十全に表しきれているのか、かなり疑問。かといって、原文で再読したいほどではないけれど。

タイトルがいちばんおもしろい、という印象は(実は)否めないけど、思考をくすぐられるよい本ではありました。
20101210借
JUGEMテーマ:読書
学術書みたいの 社会科学 / comments(0) / trackbacks(0)
なだいなだ『神、この人間的なもの』
なだいなだ『神、この人間的なもの 宗教をめぐる精神科医の対話』
岩波新書806、2002、218ページ


この、心そそるタイトル!
なだいなだの対話ものは、『くるいきちがい考』から楽しく読んでる。
70代に入った著者が、同期でクリスチャンの精神科医と、
人間にとって宗教とは何か、いわゆる3大宗教の教祖はどんな人間だったか、
について、自分たちの人生を振り返りながら対話をする。

現在精神的な病とされるものの多くは、場所や時代によっては病とは
認識されないものであった。社会が、その少しの尋常ならざる言動を
許容できるものであったなら、その言動に病名はつかない。
例えばそれは、狐つきであるとか、神おろしであるとか、そういった
名称を与えられる。その言動が、その人の特性であると認識されれば
例えば魔女として、ユタとして、あるいは教祖として受け入れられる。
このような社会的な装置があると、今なら「患者」になってしまう人の
多くが、その装置のもとで生きていくことができるだろう。

(もちろん、何を病とするかは、時代によって大きく異なり、
今なら病気とはされないものが、治らぬ病とされて差別の対象に
なっていたりもしたのだ、ということを失念すべきではない。)


うん、とてもおもしろかったな。買ってもいいかも。
買うなら『民族という名の宗教』もあわせて買うようにしよう。

★★★★
200605借
学術書みたいの 社会科学 / comments(0) / trackbacks(0)