活字中毒者の乱読日記 印象批判100%
気軽なフレンチを召し上がれ:近藤史恵『タルト・タタンの夢』
近藤史恵『タルト・タタンの夢』東京創元社、2007.10、214p、1500-

タルト・タタンの夢
ロニョン・ド・ヴォーの決意
ガレット・デ・ロワの秘密
オッソ・イラティをめぐる不和
理不尽な酔っぱらい
ぬけがらのカスレ
割り切れないチョコレート


料理長の三舟さん、料理人の志村さん、ソムリエの金子さん、ギャルソンのぼくこと高築。フレンチレストラン「パ・マル」は、この4人で回している。「本当にフランス料理が好きな人間が集まってくる」「ワインにおごらなければ、五千円もあれば、十分楽しめる」(10.10-12)お店。
常連さんに恵まれるこの店に、常連さんとともに持ち込まれるほんの少しのミステリを、無愛想な三舟さんが、フレンチの知識と技術で解き明かしていく短篇集。

実に気軽にふわふわと軽く、さらっと通勤電車1往復で読了できる、ほんとの意味でのライトノベルかも。ミステリとしてはほとんど練られていないので、そこにはあまり期待しないが吉。

★★20101128借
JUGEMテーマ:読書

小説 カ行 / comments(0) / trackbacks(0)
千草子『洛中洛外』
千草子『洛中洛外 清原宣賢の妻』講談社、2003.12、312p、2200- 

上杉本洛中洛外図屏風の祖本となる屏風を描き上げた絵師と、その芸術に捧げる魂に共感し、夫のもとを出奔した女性の、家を出てから、越後へ下るまでの、伏見での日々を描いた作品。
登場人物の関係性が全然つかめずに動揺したが、わざわざ説明しない姿勢に好感が持てるようになっていく不思議。あとがきによると、『翠子―清原宣賢の妻』(講談社、1999)という前作があるらしい。概略が示されているが、それはだいたい本作を読んで想定したこととそんなにずれていなかった。というわけで、この本だけいきなり読んでもOK。
女性である自分、書の道を極めたい書家としての自分、母としての、祖母としての、妻としての自分。そういったいくつもの自分を抱える中で、それでも最後に自分の意志で進みたいと思うのは、書家としての自分、書家として成るためなら、恋すら邪魔でしかないと断言する壮絶な自覚。
独特の文体ではあるけれど、あるからこそ、一読の価値のある1冊。秋の夜長に。最初の10ページでくじけないことを推奨。

20101110★★★★
JUGEMテーマ:読書
小説 サ行 / comments(0) / trackbacks(0)
中山咲『ヘンリエッタ』
中山咲『ヘンリエッタ』河出書房新社、2006.11、190p、1000-

1 家でお花見をする方法
2 理由のわからないことども
3 雨についての賛成論
4 夏が得意な人
5 二人のあきお
6 英語を話す日本人
7 お魚危険注意報
8 わたしのとっても個人的な新世界突入
 
続きを読む >>
小説 ナ行 / comments(0) / trackbacks(0)
恩田陸『蒲公英草紙』
恩田陸『蒲公英草紙 常野物語』集英社、2005.6、252p、1400-

一、窓辺の記憶
二、お屋敷の人々
三、赤い凧
四、蔵の中から
五、『天聴会』の夜
六、夏の約束
七、運命


阿武隈川沿いに広がる平野に位置する農村、槇村の集落は、槇村家を中心にした、こじんまりとしているけれども、豊かな村。医師である父に頼まれて、峰子が槇村家を訪れたのは、ある春の午後。峰子のひとつ上の槇村家の末っ子、聡子の話し相手としてだった。聡子は生まれつき心臓に欠陥があり、寝たり起きたりを繰り返して、あまり外出したこともなく、同年代の友人を求めているから、と峰子に白羽の矢が立ったのである。
寝たきりの、辛気くさいひ弱な子を連想していた峰子だが、実際の聡子は、おかっぱの、輝くような少女だった。いくつもの季節を、ふたりはともに過ごしていくことになる。
続きを読む >>
小説 作家 恩田陸 / comments(0) / trackbacks(0)
遠藤拓郎『朝5時半起きの習慣で、人生はうまくいく!』
遠藤拓郎『朝5時半起きの習慣で、人生はうまくいく!』フォレスト出版、2010.4、2010.6第8刷、148p、1200-

はじめに
1章 「朝5時半起き」の習慣で、人生はうまくいく!
 1.あまり知られていない「体内時計しくみ」
 2.朝の太陽の光にはダブルの効果がある!
 3.朝の太陽の光は、何時まで浴びるべきか?
 4.「朝5時半起き」の習慣の作り方
 5.「朝5時半起き」でストレスが消える!
 6.「朝5時半起き」と「4時間半熟睡法」を組み合わせる!
2章 「朝5時半起き」を支える8つの生活習慣
 1.毎朝、必ず朝食をとる!
 2.ライバルに差をつける「午前中の仕事術」
 3.食事を毎日、決まった時間にとる!
 4.毎日の生活に運動を取り入れる!
 5.快適な睡眠環境を作る方法
 6.快適な睡眠環境を作る方法
 7.仮眠をとって、仕事の能率を上げる!
 8.「コーヒー」「たばこ」「お酒」をうまく活用する!
3章 スッキリとした目覚めに役立つ「快眠グッズ」
 省略


続きを読む >>
実用書みたいの / comments(0) / trackbacks(0)
宮木あや子『群青』
宮木あや子『群青』小学館、2008.10、152p、1300-

紺碧 三原色 群青


血液の病気で余命宣告を受けた由起子は、沖縄の離島、南風原島に単身やってきた。石垣島から高速船で1時間。どこまでも広がる青い海からの風を受けて、毎日散歩をする。もうピアノはひかない。ピアニストとしての活動は、上海音楽廳で演奏した「亡き王女のためのパヴァーヌ」が最後になる。婚約者からも身を引いた。由起子はこの島に死にに来たのだ。調律の狂った、島で唯一のピアノの前に座っているときに、漁師の龍二が声をかけるまでは。
続きを読む >>
小説 マ行 / comments(0) / trackbacks(0)
皆川博子『少女外道』
皆川博子『少女外道』文藝春秋、2010.5、230p、1857-

少女外道
巻鶴トサカの一週間
隠り沼(こもりぬ)の
有翼日輪
標本箱
アンティゴネ
祝祭


父の自慢の庭に季節ごとに訪れる庭師。庭師の息子、葉次は、特にうれしそうでもなく、久緒の面倒を見てくれたものだった。日焼けする肌に流れる血に、一瞬の官能を覚えた少女の後ろめたさ。少女外道
母の叔母の火葬の立ち会った日。裕樹は、高校時代から焦がれていた画家、笹尾苓が血縁であることを知った。一族から逸脱し、実母にも実姉たちとも折り合いの悪い苓。その作風に底流する希死念慮に、若いうちから心惹かれていたことを、本人に会って裕樹は自覚する。巻鶴トサカの一週間
鳰子と義姉、乙矢の奇妙な友情。夫である長兄とうまくはいっていないらしい乙矢だが、自分に甲矢という生まれない双子がいたことを、次兄と鳰子には明かしていた。隠り沼の
連帯と破壊を叫ぶ群集渦巻く大学から離れ、異国の地でフレスコ画に熱中する同胞に出会う。画家が一心に描いているのは有翼日輪。画題を指定されていないときにはいつも、と画家は話した。自分は9歳の時に死んでいるので、と。
東京の女専に合格し、単身上京したおり、実家では死んだと伝えられていた叔母を精神病院に訪ねた。駆け落ちをして心中で生き残り、心を病んだのだという。実家に残された叔母の部屋から持ち出したのは標本箱。夢見心地の叔母は、恋人と思われる男性から贈られたものであるらしい標本箱の中身を全て諳んじた。そして今思い出す。最後の弁に残されていたのは、透明な骨であったことを。
父が養蚕農家である実家を継いだので、小学3年のとき、梓は東京を離れた。県立高女の4年になったとき、江美子が疎開してきた。発表会で着るはずだったという白いチュチュを持って。都会育ちのよしみで、ふたりは仲よくなっていく。アンティゴネ
両親の死後、網元をしている遠い血縁の家にしばらく預けられていた。物書きとして生計を立てられるようになるにつれ、睡眠が沙子から奪われていった。夜間の放浪の末、思い立ってこの海辺にたどり着いた。祝祭
続きを読む >>
小説 マ行 / comments(0) / trackbacks(0)
恩田陸『Q&A』
恩田陸『Q&A』幻冬舎、2004.6.10初版、2004.6.25第2刷、310p、1700-

東京郊外のとあるショッピングセンターでおこった謎の事故/事件。60人を超える死者を出す大惨事であったにも関わらず、原因も何もかも不明のまま、そのショッピングセンターは閉鎖され、更地にしたのち、別の店舗や再建された。 当初火事だと報道され、その後毒ガス説、生物兵器説がつぎつぎと飛び出したが、ショッピングセンターの中からそれらの証拠は何一つ見つからず、死者の死因の多くは圧死。また、吹き抜けのエスカレーターからの転落死。不審な人物が複数目撃されてはいたが、複数階でほぼ同時に起こった恐慌の原因にはなり得ない。
いったい、その日その場所で何が起こったのか。QuestionとAnswerでつないでゆく。
続きを読む >>
小説 作家 恩田陸 / comments(0) / trackbacks(0)
豊田徹也『アンダーカレント』
豊田徹也『アンダーカレント undercurrent』
講談社、2005.11、2009.2、301p、933-


両親の死後、夫である悟と、お手伝いの木島のおばさんとで、銭湯「月乃湯」を切り盛りするかなえ。しかし2か月前に、夫はふいに失踪した。そぶりも見せず、書き置きも残さず。
しばらくの休業のあと、銭湯組合から派遣されてきたボイラー技師、堀とともにどうにか月乃湯を再開する。依然としてわからぬ夫の行方。しかも、夫が、かなえにさまざまな過去を教えずにいたことを、次第に知っていくことになる。

続きを読む >>
コミック タ行 / comments(0) / trackbacks(0)
中村明日美子『Jの総て』全3巻
中村明日美子『Jの総て』全3巻、太田出版
1巻:2004.7初版、2007.3第4刷、164p、952-
2巻:2005.5初版、2008.4第6刷、166p、952-
3巻:2006.3初版、2008.4第6刷、176p、952-


J.S.カレンズバーグ。生まれた時の名はJ.M.オースチン。
北米の工業地帯で生まれ、幼少期に自らを女性だと思い込んで育つ。憧れはマリリン・モンロー。南部出身の敬虔なカトリックである母からは厳しくしつけられるが、技師である父には溺愛される。しかし13歳でその父に強姦されてしまう。その現場を目撃した母は錯乱して父を銃殺。母は精神病院へ、Jは孤児院へ。その孤児院に寄付をおこなっているミス・カレンズバーグの養子となり、寄宿制男子校、カレンズバーグ高等中学校へと入学した。
運命の人ポールとの出会い、先輩であるアンドルーを理解者とし、ようやく落ち着いた生活が訪れたかに見えた。Jの過去を知ったポールが自責の念からJを遠ざけるまでは。ポールに弟扱いされることを拒んだJはカレンズバーグを出奔、NYで女装のクラブ歌手として歌い始めた。
続きを読む >>
コミック ナ行 / comments(0) / trackbacks(0)