活字中毒者の乱読日記 印象批判100%
森博嗣『僕は秋子に借りがある』
森博嗣『僕は秋子に借りがある 森博嗣自選短編集』
講談社、2008.8、397p、1800-

虚空の黙祷者
Silent Prayer in Empty
小鳥の恩返し
The Girl Who was Little Bird
赤いドレスのメアリィ
Mary is Dressed in Red
探偵の孤影
Sound of a Detective
卒業文集
Graduation Anthology
心の法則
Constitutive Law of Emotion
砂の街
The Sandy Town
檻とプリズム
A Prism in the Cage
恋之坂ナイトグライド
Gliding through the Night at Koinosaka
素敵な模型屋さん
Pretty Shop of Models and Toys
キシマ先生の静かな生活
The Silent World of Dr.Kishima
河童
Kappa
僕は秋子に借りがある
I'm in Debt to Akiko


こちらもリサイクルな短編集。
前回読んだのと違って、ミステリではない。
森博嗣のミステリ以外の小説って、
『スカイ・クロラ』シリーズ以外はあまり得意ではないかも。
特にこういう不条理系は、あまりおもしろく感じない。
そんな中で「卒業文集」はよかった。
いや、どんなどんでん返しがくるかと、
びくびくして読んでいたのだが(笑。

★★
20090703
小説 作家 森博嗣 / comments(0) / trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.coo.sunnyday.jp/trackback/993490