活字中毒者の乱読日記 印象批判100%
榛野なな恵『Papa told me 〜わたしの好きな惑星〜』
榛野なな恵『Papa told me 〜わたしの好きな惑星〜』
集英社、2009.4、190p、419-


短編集。
買おうかどうしようか悩んだのだけれど、なんかイキオイで購入。

…。

これはさ、9巻とか11巻とかが最高潮だったよね、やっぱり(笑。
いい加減引き際を考えた方がよい。
知世ちゃんとおとーさんが出てくるだけの、
薄っぺらい短編を垂れ流すだけならば。

もともと、『Papa told me』における、
現実とおとぎの世界(と仮に呼んでおく)の境界が
混濁する、っていい方よくないかな、境界が曖昧なタイプの話は
そんなに得意ではなかったのだが、
ダルメシアンが異星人、とかって話(「エンジェルズ・アイ」)は
かなり受け容れ難い(笑。

以下、ちょっと前に別blogに書いた内容を再録。
-----------
去年でた『〜街を歩けば』も買っていないのだが。
だってそれまでとサイズが違うじゃんねえ(笑。

これは高校生のときから地道に集めていたシリーズなので
愛着はあるが、20巻過ぎてから、
知世ちゃんがやたら化け物じみてきた気がして
以前ほど熱心に読まなくなった。
知世ちゃんが永遠に小学生のままだとしたら、
わたしにとってはあまり興味のない話。

小学生であるゆえに、やりたいこととできることのギャップに
悩み、自分を取り囲む世界や社会を、
憧れやときには恐れや違和感を持って見上げ、
自分を愛してくれる父を大切に思いながら、
いつかその庇護の下から離れることを予感する、
現在進行形の成長物語だったのにな。

永遠の輪の中で仙人みたく落ち着いてしまった知世ちゃんが、
疲れた悩める大人たちを癒していく、みたいなパタンは、
たまにあったからよかったのであって、
それをメインに据えられると
ちょっと…ねえ。
-----------
それから、最近の『Papa told me』に対するわたしの違和感の一因は
おとーさんの知世に対する愛情のほうが、
その逆よりも多めに見えるからかもしれない。
娘だから父に大切にされている、または亡き母の似姿としての
自分が、父の愛情を喚起しているのではないか、
自分がいなければ、父はもっと自由に生きていけるのではないか、
ということばに出さない知世の思いと、
おとーさんが気づき得る/気づき得ない、尽きせぬ愛情が、
この作品の底流であったと、勝手に思い込んでいるのだと思う。

それが単なるわたしの思い込みなのだとしても、
今のわたしがこの本を、対しておもしろいと感じないのもまた事実。
たぶん、この本はそう長くは手許に置かないと思う。

★★
2009.5購入。
コミック サ行 / comments(0) / trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.coo.sunnyday.jp/trackback/982163