活字中毒者の乱読日記 印象批判100%
香山リカ『セックスがこわい』
香山リカ『セックスがこわい』筑摩書房、2008.3
173p、1300-

第1章 心の悩みの原因が、実がセックスレスにあった
第2章 心の病気でも、年をとっても、人には性欲がある
第3章 セックスの男女差と年の差
第4章 性と恋愛と心の悩み 分析編


「女性と見たら妊娠を疑え」ということばがその世界にはあるそうだが、
ある意味それは真実であるというくらい、
心の問題に性の問題は密接に関わっている。
ただそれを、「あってはならないこと」「あるべきではないこと」と
目を背けて正面から取り組むのを避けている業界の現状と、
香山本人の反省を含む臨床例多数。
でもタイトルや目次から想像したほどおもしろくなかった。。
香山自身の先入観などによって、うまくいかなかった事例が多く、
そこに反省はするけど分析には至っていないというか、
うーん、不完全燃焼感がある読後。

20080625借
学術書みたいの 社会科学 / comments(0) / trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.coo.sunnyday.jp/trackback/800200