活字中毒者の乱読日記 印象批判100%
長谷川まゆ帆『お産椅子への旅』
長谷川まゆ帆『お産椅子への旅 ものと身体の歴史人類学』
岩波書店、2004.11、261p、2800-

プロローグ
第一章 お産椅子とは何か
第二章 文献上のお産椅子とその歴史的変遷
第三章 お産椅子の形態変化と身体の所作
第四章 触れること/触れられること
第五章 象徴・記号としてのお産椅子
第六章 お産椅子に先立つ身体の技法
第七章 お産椅子からベッド/分娩台への移行
エピローグ
参考/引用文献・非文献史料についての若干の補足


お産椅子とは、イタリア、オランダ、イギリス、
フランス、ドイツなどのヨーロッパ主要地域で、
ルネサンス期から19世紀にかけての数百年間に考案された、
奇妙なかたちの、お産に用いる椅子である。
現存しているお産椅子は数少ないが、
特に16世紀から19世紀にかけて、よく使用されていた。

※現在の表記
Parturition chair(英・分娩椅子)
Chaise d'accouchement(仏・シェイズ・ダクーシュモン、分娩椅子)
Chaise obstétricale(仏・シェイズ・オプステトリカル、産科椅子)
Gebärstuhl(独・ゲバールスチュール、産婦椅子)

この道具がどのように考案され、普及し、受容され、廃れたか。
お産に関するさまざまな知恵や工夫のあり方には、
その文化における身体技法が大きく関わっている。

その過程で、それまで介助者と産婦のふれあいの中から、より本人にとって自然な、
生みやすい方法というものが随時採用されていたお産の現場に他者の目が入り、
あるひとつの理想的と思われるポーズが提唱され、そこに身体が順応させられていく。
それは身体をコントロール下に置くという近代化の端的且つ特長的な現象であり、
産婦を「産む主体」から「生ませられる客体」へと変化させる流れの発端でもあった。

そういった視線を通底させつつ、お産椅子そのものの変化を丹念に追う。
そのへんの手法の細かさはさすが歴史学出身。
さらに史料への接近の仕方を、人類学における参与観察になぞらえ、
「他者の世界を、自分自身の世界の枠組みだけで理解してしまうのではなく、
可能な限りその世界に近づき、その世界の現前する、まさにその渦中に
とび込んで行き、体当たりで空間を感受し、文脈を理解し、
できればそこに生きている人々とも対話してみることです。と同時に、
もう一度そこからもどってきて距離をおいて眺めることでもあります。
つまりもう一度その世界の外部にたって、そこから聞こえてくる不協和音に
耳をすませること、そしてその内部にあってはみえない、
うまく言葉にすることのむずかしい、しかし内部に降り立ったがゆえに
初めて見えてくるところの力や亀裂、軋轢を理解し、言葉にしていくことだからです」
(23.6-12)という部分が「歴史人類学」なのだな。ちとくどいな(笑。

ブルデューの、特にハビトゥス概念、アラン・コルバンの一連の研究、
ターナーの構造論、身体論などの先行研究を生き生きと参考にした
かなりの名著。ていうか、買うわこれ。
この著者は今東大の教養の准教授なんだけど、講義もおもしろいらしいねえ。

20080610借
学術書みたいの 産育関係 / comments(0) / trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.coo.sunnyday.jp/trackback/797220