活字中毒者の乱読日記 印象批判100%
「笑の大学」
「笑の大学」2005、日本、121min、
監督:星 護 主演:役所広司、稲垣吾郎

http://www.toho.co.jp/lineup/waraino/welcome-j.html

昭和15年、東京。警視庁保安課検閲係では、日々持ち込まれる
劇の台本の検閲作業がおこなわれていた。
劇団「笑の大学」の座付き作家が提出した
台本「ジュリオとロミエット」は、登場人物が外国人である
という理由で上演許可が下りない。
しかし作家、椿一は、検閲官、向坂睦夫が小出しにする
無理難題を日々クリアし、あまつさえ台本をブラッシュアップさせて
持ってくる。
そう、検閲官の注文は、台本をよりおもしろくさせていくことに
なってしまっていたのだ。
-----------
劇場で見た友人は総じて高評価だったが、見る機会がなくて今。
うん、文句なくおもしろかった。
テンポがややテレビ的な感じがするのと、
シーンが細切れな印象が多いのがちょっと気になるか。
役所広司はいい役者だなあ。。
エンドクレジットの劇中劇に出てくる人の方が、
本編に出てくる人より多いのはどうよ(笑。

2008.1.13 DVD借
映画 ワ行 / comments(0) / trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.coo.sunnyday.jp/trackback/671076