活字中毒者の乱読日記 印象批判100%
若井春侑『無花果日誌』
若井春侑『無花果日誌』角川書店、
2002、203p、1500-

花が咲くのに無花果だなんて
乳房よ、乳房、永遠の
たおやかに、しなやかに、やわらかに
奉仕の気持ちになることなんです
根性の使い道を誤ってはイケナイのだ
怒って鎮まれ! 十七歳、夏休みは近い
真夏の箱庭で迷子になった、ふたり
取り敢えず、ナニゴトもなしの憂鬱
教えて。命の在り処は、誰が決めるの?
曖昧な果実はフリーザーの中で
走り出す。直線で行くと決めた
謹賀新年。真正面の彼方にあるものは


かつて日本有数の水揚げ高を誇ったという漁港がある、
いまはさびれた町に生まれ育った私の実家は青果店。
乳ガンで母を亡くしてから、父と、弟と、私の3人で、
この店を回している。いわば私は看板娘。
電車で30分南下した県庁所在地にある高校は、
カトリック系名門女子高。
この街から出るために推薦で入学したのだ。
ひとつ上のボーイフレンド、郁くんは、
母が入院していたとき隣のベッドだった加代子さんの息子。
その進展も含め、私は思春期の真っ直中にいる、
ただの子どもだ。
ただの子どもだということを自覚している、高校2年生だ。
-----------
この人の本は2冊目。
作品によって読みやすさにムラがある人だなあ(笑。
ただの内省的でプライドだけ高い、所詮思春期の少女の日記、
という器に収まらない、深い話。
真摯にものごと(自分を含む)を見つめて、
考えることを放棄しないと、こんなにも深く
日常を生きることができるんだなあ。

★★★★
小説 ワ行 / comments(0) / trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.coo.sunnyday.jp/trackback/608098