活字中毒者の乱読日記 印象批判100%
よしもとばなな『王国』その3
よしもとばなな『王国』その3 ひみつの花園、新潮社、194p、1200-

ずっと遠距離だった真一郎くんと、一緒に住む物件を探している間に、
雫石は知ってしまう。自分が、ほんとうには真一郎くんを必要としていないこと、
真一郎くんには、他にやりたい仕事があるということ。
そして高橋くんの庭との出会い。
傷心の雫石は片岡さんの台湾旅行に同行することになる。
-----------
このあらすじだけ読むとなんだがわからんな(笑。
まあ、成長し続ける雫石ちゃんと、変わり続ける周囲との関係、だな。
前回ほど自分が盛り上がらなかったのは、別れ話の回、だからかな(笑。

★★★
2007.4借
小説 作家 よしもとばなな / comments(0) / trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.coo.sunnyday.jp/trackback/425923