活字中毒者の乱読日記 印象批判100%
事件は些事、トリックすら些事:森博嗣『キラレ×キラレ』
森博嗣『キラレ×キラレ』講談社、2007.9、288p、880-

プロローグ
第1章 不愉快な繰り返し
第2章 不連続な繰り返し
第3章 不条理な繰り返し
第4章 不用意な繰り返し
第5章 不思議な繰り返し
エピローグ


遡って読むXシリーズ。満員電車の中で起こった通り魔的な連続事件。列車を降りようとする女性の背中を、鋭い刃物で切りつける悪質な犯罪だ。容疑者の濡れ衣を着せられた知人の依頼で、探偵の鷹知は、小川に声をかけて手がかりを探っていく。
オチとしてはちょいと安直で首肯しかねる感じではあるが、直接の事件やその解決ではなく、主人公的な人々の人間模様が進展していくさまのほうが、むしろおもしろいという構図は、S&Mシリーズからの変わらぬ潮流か。
★★20101210借
JUGEMテーマ:読書
小説 作家 森博嗣 / comments(0) / trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.coo.sunnyday.jp/trackback/1100594