活字中毒者の乱読日記 印象批判100%
よしながふみ『きのう何食べた?』第4巻
よしながふみ『きのう何食べた?』第4巻、講談社、2010.10、p.152、562-

#25 煮込みハンバーグ、小松菜ともやし炒め、大根ときゅうりとにんじんの浅漬け風、なすとあぶらげとみょうがのみそ汁
#26 鮭と卵ときゅうりのおすし、筑前煮、なすとパプリカのいため煮、ブロッコリーの梅わさマヨネーズ、かぶの海老しいたけあんかけ
#27 鶏肉と卵と三ツ葉の雑炊、卵焼き(ガッテン版)、ほうれん草の白和え
#28 えびと三ツ葉とたまねぎのかきあげそば、と野菜の天ぷら
#29 手羽先と大根の煮込み、長ネギのコンソメ煮、にら納豆、さつまいもと油あげのみそ汁
#30 キャラメルりんごのトースト、カフェオレ
#31 玉ねぎたっぷり豚のしょうが焼き、にんじんのナムル、長ネギとザーサイのせ冷やっこ、竹の子とわかめのみそ汁
#32 ナポリタン、と残り物の切干大根の煮付け、梅茶漬け、と切干大根の煮付け

劇的な何かがあったわけではなく、筧家で何か進展があったわけではないが、それぞれの、親と子のつきあい方が、さまざまにクローズアップ。事務所の大先生の若い頃がちょびっとでたのがうれしい。美人だー!w
よしながふみの大テーマのひとつは、間違いなく親と子の関係にあると勝手に思ってるけど、それを真正面からではなく、しかしこうやって読ませる/考えさせる方法があるのだなあと思う。
それから、筧たちゲイの、老い支度というか、次第に年を取っていくこと、そろそろ遺産とかのことも考えなくてはいけない年齢にさしかかっていること、が描写されるのはとてもいいことだと思う。誰だって、花咲ける青少年のままではいられないわけで。青少年じゃなくなってからのほうが、人生全然長いわけで。そこは、羅川真里茂の傑作『ニューヨーク・ニューヨーク』の、賛否両論のラストシーンにもいえるところだと思う。わたしは、あのラストがあるから、この作品は名作なんだと思っているけれど。
料理的には長ネギのコンソメ煮に興味しんしん。ねぎ安くなったら作ろう。りんごは、個人的にはキャラメルにしないほうがすきだ。
★★★
2010.10.23購入


JUGEMテーマ:読書
JUGEMテーマ:漫画/アニメ
コミック ヤ行 / comments(0) / trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.coo.sunnyday.jp/trackback/1100573