活字中毒者の乱読日記 印象批判100%
よしながふみ『ソルフェージュ』
よしながふみ『ソルフェージュ』白泉社文庫、
初版2004.11、第2刷2004.12、332p、619-
解説:ヤマダトモコ

本当に、やさしい
パンドラ
昨日よりいつも違う日
少しだけ意地悪な告白

ソルフェージュ
 ソルフェージュ
 夜の女王のアリア・前編
 夜の女王のアリア・後編
 もう飛ぶまいぞこの蝶々
 カーテンコール

-----------
よしながふみ全巻制覇キャンペーン続行中。
短編4つと連作。
短編では、よしながは驚くほど救いのない終わり方を用意する
ことが少なくないのだな。
その中でも「パンドラ」は佳作かと。
「ソルフェージュ」は、こんな合唱コンクールあるかよ、と
思いつつも、それでもこうなってよかった、と
ちょっと涙腺が緩む感じだった。
詳細は、もう少し経ってからまた。

★★★
200907購入
コミック ヤ行 / comments(0) / trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.coo.sunnyday.jp/trackback/1013528