活字中毒者の乱読日記 印象批判100%
ただの身辺雑記に用はない:とりのなん子『とりぱん』第10巻
とりのなん子『とりぱん』第10巻、講談社、2010.11、130p、590-

そうか、もう10巻か!

帯が豪華な本巻だが、あいにく中身は既刊にくらべて緩い。夏祭りの金魚を餌のやり過ぎで巨大化させてしまった一連のできごとがメインだが、かまさん編、ヒヨちゃん編などで見られた鋭くありつつも寄り添うような観察眼などはあまり見られない。金魚すくって(厳密には「もらって」)持って帰ってきて、という流れをたどっているだけのように見受けられるのだ。

エッセイでも、エッセイコミックでも、書いている人のほんとの日々の雑感雑記ではなりたたないはず。だったらblogでじゅうぶんな話だし、昨今気の利いたblogはそんなレベルをはるかに超越している。『グーグーだって猫である』に感銘を受けるのは、日常の切り取り方がうまいからだと思うのだ。日常のどういった場面を切り取るか、日常のそれぞれの局面にどのような感情を持つか、という部分のシャープさであったり、独創性であったり。繰り返される時間の、どこに注目して何を思うか。そこにぐっとこなければ、本当にただの日記になってしまう。

現在のところ、特筆するほど画力があるわけでもなく、まさに「切り取り方」によって見せていかなければならない題材を扱う作品の作者としては、もっと精進を重ねてほしい。ちょっと油断してないか?
東北出身の人間にとって、作者が過ごしている生活や風景は、とりたててめずらしいものでもないし、そのことだけを読みたくて本を手に取ることもない。似た環境にいる友人知人は少なくないし、かれらの身辺を聞いていたってじゅうぶん楽しいのだ。それを何故わざわざ作品というかたちのもので読みたいかというと、その「切り取り方」ついで「表し方」を楽しみたいから、に尽きる。
10巻という巻は、ある意味区切りになるかも、とも思えてきた。もしこのままの調子で巻が重なっていくのなら、わたしはこの先を読み続けることはしないだろう。

★★20101202購入
JUGEMテーマ:読書
コミック タ行 / comments(0) / trackbacks(0)
豊田徹也『アンダーカレント』
豊田徹也『アンダーカレント undercurrent』
講談社、2005.11、2009.2、301p、933-


両親の死後、夫である悟と、お手伝いの木島のおばさんとで、銭湯「月乃湯」を切り盛りするかなえ。しかし2か月前に、夫はふいに失踪した。そぶりも見せず、書き置きも残さず。
しばらくの休業のあと、銭湯組合から派遣されてきたボイラー技師、堀とともにどうにか月乃湯を再開する。依然としてわからぬ夫の行方。しかも、夫が、かなえにさまざまな過去を教えずにいたことを、次第に知っていくことになる。

続きを読む >>
コミック タ行 / comments(0) / trackbacks(0)
高室弓生『縄文物語』
高室弓生『縄文物語 わのきなとあぐね』青林工藝舎、
2007.3、215p、1300-
初出:講談社、1990.11


先日書いた『ニタイとキナナ』の時代から、約100年前の同じ村で
生き生きとした少女時代を送ったわのきなあぐねの、
例によってまったり充実した日々の詳細。

連載は1989年に「コミックモーニングパーティ増刊」(講談社)。
『ニタイとキナナ』より前の連載で、
絵も話も、うん、前、って感じ(笑。
80'sというか、昭和のかほり。
山葡萄酒を仕込む主人公たちの、

 ぷっぷっぷっぷっ
 山ぶどう はぜる…
 ぷっぷっぷっぷっ
 ふと踏みごとに酒になる…(p.19)

というモノローグの詩的表現は、宮沢賢治を彷彿するような。
いいよね。

儀式を中心にした村の運営については、こちらのほうが詳しい。
2冊合わせてぜひどうぞ!
ていうか、新作描いてくれ!

20090609購入
★★★★


縄文物語―わのきなとあぐね
縄文物語―わのきなとあぐね
高室 弓生
コミック タ行 / comments(0) / trackbacks(0)
高室弓生『ニタイとキナナ』
高室弓生『ニタイとキナナ』青林工藝舎、2006.11、327p、1600-

縄文中期、ヒタカミの国、デランヌの村(現在の岩手県遠野市近辺)に生きた、ニタイ(罠漁組の長)とキナナ(海辺のキリキリの村から嫁に来た)の夫婦の生活を中心にした、ちょーー淡々とした日々の物語。

ストーリーというほどのことはない。強いていうなら、嫁に来てすぐに流産してしまったキナナに、そのこの魂がもう一度帰ってきて、まあつまりもっかい妊娠して出産して、子どもが童衆宿入りするまでの時間なのだが、例えば部族抗争とか、他の村との水権争いとか、弥生人が攻めて来て、とか、そういうスペクタクルなことはない。
しかし、このあざやかな風景!
緻密な背景に支えられて、作中の縄文人たちは毎日働いて感謝して旦那に文句いって、月夜に酒盛りをするのだ。

作者は岩手の人で、舞台も岩手県内陸部。
出てくる固有名詞は、アイヌ語と東北の方言のミックスのようなもの。
植物から採取した繊維で機を織り、衣類にする。
冬場は水鳥の羽毛を中に入れた服(ダウンジャケットだし)で防寒。
多様な保存食、広い行動範囲、柔軟な社会組織。
すっごいきちんとした考証に支えられているように見えて実は作者の経験と思考(嗜好)と勘と想像の産物。

連載はコミックトムに、98年から2000年。
ちなみに三内丸山遺跡の事前調査は92年開始、例の6本柱の跡が発掘されたのは94年、2000年に国の史跡指定、2003年に出土物の一部が国の重文指定を受けた。
つまり、作者がこれを描いたとき、「縄文時代」というと、狩猟採集を中心とした不安定な社会基盤の中で、獲物の毛皮をまとい、その日暮らしをしていた時代、という認識が、考古学者の間でも一般的だった時期なのだ。
この作品に先立つ連載(『縄文物語』)の際から、学者やマニアからのクレームががんがんやってきてたらしいが、いざ三内丸山という大規模遺跡が出てきてみたら、作者が想像で描いていた世界を肯定する結果になったのだから笑える。それまで何やってたんだジョウモニスト(笑)。まぁ日本の考古学にある種の問題があることは間違いないけど、こんなマイナな連載にいちゃもんつけて何やってんだ。
確かに本人も書いているように、「マンガ家は学者じゃないからソーゾー力だけで物が書ける〜♪」(「あとがき」327)というのは強みだけどね。

なんか興奮して何書いてるかわかんなくなってきたな。
絵柄は古っぽくて、特に目とか鼻の描き方に改良の余地はあると思うけど、なんか、そういうことじゃないんだな。
まだうまく説明できないけど、わたしは「マンガ」という媒体の可能性というか、不可侵性みたいなものまで考えてしまったよ。

2006年発行で、まだ初版です!
みんな、本屋に注文して買うんだ!(笑

★★★★
20090609購入



ニタイとキナナ
高室 弓生

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


コミック タ行 / comments(0) / trackbacks(1)
とりのなんこ『とりぱん』第6巻
とりのなんこ『とりぱん』第6巻、
講談社、20081121、130p、590-

冬場のいろいろ。
雪ネタは東北出身者にはめずらしくないけれど(笑。
要所要所にぐっとくる文学的なシーンを入れる技は秀逸。
あいかわらず、きちんと釣られます(笑。
今号は「鳥は三度生まれる。」(110p)にくらっ。

でもそろそろ、この人のストーリーまんがを読みたいな。

★★★
200827購入
コミック タ行 / comments(0) / trackbacks(0)
ともぞカヲル『逆走少女』第2巻(最終巻)
ともぞカヲル『逆走少女』第2巻、メディアワークス、2008.9
185p、600-
原案:大塚英志 脚本:久保田浩康


掲載紙がなくなったちゃったけど、まあ完結してよかった。
この人、ほとんど絵がうまくならないままだったな…
まあ夏休みも終わったし、よかったよかった。
エントロピーの減少という、古典的なテーマを入れたのがよかったかな。

★★
2008.10購入
コミック タ行 / comments(0) / trackbacks(0)
とりのなん子『とりぱん』第5巻
とりのなん子『とりぱん』第5巻、講談社、2008.5
119p、590-


そのヒヨドリのひなは、真夏に巣から落ち、
そこで死んでいたはずの子だった。
それが運よく人に拾われ、餌も食べられるようになり、
数々の災難も克服して成長。
育てているみんながこのまま、ここにずっといるのでは、
と思い始めた矢先に、ヒヨちゃんは姿を消した。
たまたま訪れたヒヨドリの群れの渡りに、連れて行って貰えたらしい。
よかった。
よかったけど…なんだ、このさみしさは(笑。
「野生のものの眼を、のぞき込んではならない」
なぜなら、「その奥には 決して届くことのない何かがあると
思い知らされる」(100)からだ。

相変わらずのペースで第5巻。
いやあ、ほんと絵うまくなったよなあ、としみじみ。
カラーとかめっちゃ綺麗。
構図的にもおもしろいもん描くようになったし、
やっぱり底力というか画力の基礎体力がある人なのかな。
そのうちオリジナルも出そうな感じになってきた(笑。
こういう修行の仕方もあるのかと思うな。

20080630購入
★★★
コミック タ行 / comments(0) / trackbacks(0)
谷川史子『くらしのいずみ』
谷川史子『くらしのいずみ』少年画報社、
2008.3初版、2008.5第2刷、176p、543-
1軒目・染井家
2軒目・小嶋家
3軒目・高橋家
4軒目・矢野家
5軒目・島岡家
6軒目・冬木家
早春のシグナル



それぞれの家庭の、それぞれの夫婦のかたち。
高橋家と矢野家のコラボがよかったな。
谷川は、レディース向けよりも、青年向けのほうが、
少女漫画時代のカラーが出せていい感じなんじゃないかな。

20080602購入
★★★
コミック タ行 / comments(0) / trackbacks(0)
とりのなんこ『とりぱん』第4巻
とりのなんこ『とりぱん』第4巻、講談社、2007、
119p、590-


あああああ! パセ太が!!
前号で、10月に体長5mmでパセリごと室内回収され、
室内でさなぎになったクロアゲハの幼虫パセ太が!
せっかくのカラー巻頭なのに…(涙。

晩秋から初春にかけての、えさ台がちな日常。
シベリア寒気団健在。

「自然」とか「ふるさと」とかの安易な言説に負けない、
というかそういう言い回しをうさんくさいと思い続ける
作品であってほしいと願う第4巻。

★★★
20071030購入
コミック タ行 / comments(0) / trackbacks(0)
ともぞカヲル『逆走少女』
原案/大塚英志、脚本/久保田浩康、作画/ともぞカヲル
『逆走少女 終わらない夏休み」メディアワークス、
2007、193p、570-


向後兎子(むこうご・とこ)は、めちゃくちゃネガティブ
思考の高校2年生。気が進まないことがあると、体まで
後ずさりしてしまう。
夏期講習へ向かう足取りは重い。
いつのも朝ごはん、いつもの駅、いつもの電車。
かの女の夏休みは終わらない。
何故なら、何度目覚めても、それは8月31日の朝だからだ。
しかし今日、いつもと違うことが起こった。
朝の駅で見知らぬ男子高校生に声をかけられたのだ。
-----------
こ、このネガティバー…
まあ、うまく時をかけられるといいですね。
とりあえずロマネスコはおいしく、フラクタルは幾何学。

作画は、もう少し人物のデッサンの練習をした方がいいと思う。
でも、この本の中でも第1話と比べると後半のが
全然絵がうまいし、連載するってすごい力になるんだなあ。

20070927購入
★★
コミック タ行 / comments(0) / trackbacks(0)