活字中毒者の乱読日記 印象批判100%
ぼくの少年の日のノートの上に:長野まゆみ『野川』
長野まゆみ『野川』河出書房新社、2010.7、172p、1300-

1 家庭の事情
2 登校
3 日食
4 ルーフテラス
5 新聞部
6 鳩の通信
7 報告
8 海のかたち
9 S山
10 雨の夜
11 野川
12 翔ぶ力
13 鳩のように
14 終業式


慣れ親しんだ都心から、父の事業の失敗と両親の離婚のため、新宿から30分ほどの場所に越してきた音羽。緊張の夏休み明け、かれは少し変わった教師、河井から、新聞部へと誘われる。かつて通信各社は、自社で通信用の鳩を飼い、現場記者から本社へと、情報が送られていたのだという。この中学校の新聞部では、それにならい、部で鳩を飼っていた。音羽はそこで飛ぶことを忘れた若い鳩になつかれる。
ほとんど交流はなかったものの、誇り高い人と思っていた父の意外な姿、また葛藤を経て結びつく絆と深まる理解。気さくな先輩の抱える思わぬ背景。うつろう季節と豊かな自然。長い長い時を経て形作られた地形と、そこで営まれる人々の生活。
おそらくは国分寺崖線沿いの街で音羽が経験する中学2年生の2学期。かれの背景は、氷河が河岸を削った氷河期をも含む、悠久の時間の積み重ねにあること、いかに自分が無力であるかを自覚しながら、それでもできることを探していくこと、周囲の人々への視線と情愛。少年が実に深く、確実に成長していくさまを、あざやかな背景とともに読み進められていくのは、ひとつの幸せである。装丁画は木内達朗。

ちなみに「ぼくの少年の日のノートの上に」は、ポール・エリュアールの詩「自由」の書き出しである。大島弓子「ローズセレモニー」(1979)に引用されていたのは安東次男訳『エリュアール詩集』(思潮社、1969)で、ここでの書き出しは「ぼくの生徒の日のノートの上に」。「小学校のノートに」となっている訳もあるので、これを見るに、おそらくこの原文に近いのは「生徒」なのだろうと推察する。
そこで敢えて「ぼくの少年の日のノートの上に」としたのは、著者自身がこの表現を使っているからだ。おそらく『ことばのブリキ罐』(河出書房新社、1992)に、「この魅力的な書き出しで始まるP・エリュアールの〜」というくだりがあったはず。「少年」も「生徒」も「小学生」も、かれらのある時期を切り取る語と解釈できようが、ひじょうに長野的に、そして音読したときの字数と響きの美しさで、「ぼくの少年の日のノートの上に」を選びたいと思う。

河出書房新社の特集ページはこちら

★★★★20101128借
JUGEMテーマ:読書


小説 ナ行 / comments(0) / trackbacks(0)
中山咲『ヘンリエッタ』
中山咲『ヘンリエッタ』河出書房新社、2006.11、190p、1000-

1 家でお花見をする方法
2 理由のわからないことども
3 雨についての賛成論
4 夏が得意な人
5 二人のあきお
6 英語を話す日本人
7 お魚危険注意報
8 わたしのとっても個人的な新世界突入
 
続きを読む >>
小説 ナ行 / comments(0) / trackbacks(0)
長野まゆみ『白いひつじ』
長野まゆみ『白いひつじ』筑摩書房、2009、
218p、1400-


念願かなって第1志望の大学に合格し、
住まいを探すべく上京した鳥貝。
条件が折りあわず困憊していたところに紹介された、
TK大の学生のみの、個人経営の学生寮。
難読名字の、一癖も二癖もある先輩たちの間で、
田舎育ち、ひとりっ子の鳥貝は、はたしてやっていけるのか?
----------
はいっ、実は自分が台風の目タイプの主人公が
はっちゃけた周辺の人物に翻弄されまくるよーw

ここでキーになってくるのは、実は鳥貝が養子であること、
実の父母、そして亡き兄の存在、幼い日の記憶と、
そこに絡む「白いひつじ」だ。

年少である主人公が、周囲の年長者にいろいろいじられる
パタンは、長野作品的には特にめずらしくないのだが、
一定年齢以上の女性の多くが、
とても魅力的に描かれ始めていると思う。
血の通った魅力というか、修飾に厚みがあるというか。
それはとても心地いいものだ。
グラタン皿を使うオムレツは、それはグラタンなんじゃないか、
というつっこみもあるけれどw スフレオムレツというべきか?w

★★★
20100610借
小説 ナ行 / comments(0) / trackbacks(0)
長野まゆみ『レモンタルト』
長野まゆみ『レモンタルト』講談社、2009.10
p.188、1400-


早世した姉の夫と、2世帯住宅に暮らす私。
恵まれた容姿の義兄に、
心ひそかに心動かされるときがあるのは
ひたすらに秘密だ。

秘密といえば、今勤めている会社での業務内容も、
他の社員には隠しておかなければならない。
かつての役員の庶子というだけで閑職にいる、
と周囲に思い込ませながらの業務は、
つらくないといえばうそになる。

ある帰宅途中、急な雨に立ち往生したときに、
見知らぬ女から、女ものの傘を手渡されるときまでは。
-----------
ご多分に漏れず、実は自分が台風の目タイプの主人公が
はっちゃけた周辺の人物に翻弄されまくるパタン。
ただ、その周辺人物がけっこう魅力的に描かれていて、
本人がそうやって翻弄されていることを、
どこかしら楽しんでいるような雰囲気があることが、
悪くなかった。
ごはんもおいしそうだしw

★★★
20100601借
小説 ナ行 / comments(0) / trackbacks(0)
長野まゆみ『カルトローレ』
長野まゆみ『カルトローレ Cartorolle』
新潮社、2008.4、299p、1500-


《船》を18歳で降りた私は、救済委員会の予備プログラムを終え、
適応化プログラムのなかで、製本組合の育英基金から奨学金を得た。
《船》から回収された未解読の日誌を調査することが条件だ。
1冊あたり200枚以上の厚みがあり、重い。
これを109冊全部を持ち込める家を探して、
この沙漠の中の自治区に住むことにした。
煉瓦造りの家、家ごとの給水塔、風向きによって沙に埋もれる軌道、
水の在処を探す能力を持つワタたち西の谷の住民、
今は意味の失われた、魔除けの紋様や編み物の模様、
私の内なる「図案室」。
-----------
いいね!(笑
記憶を失った実はキーパーソンの主人公がああら翻弄、という
パタン(笑)から、ちょっと引いた構造がいいのかも。
「私」の淡々とした語り口がそうさせるのかな。
乾いた土地での生活の詳細、
長大な何かの一端であるかのような示唆、
しかし明かされぬ何か、切れ切れの記憶、または記憶の気配。
フォントもいいし、装丁も綺麗で、砂色の見返し、
銀色のしおりひもなど、手許に置いてときどきぱらぱらと読みたい本。
あと食べ物がおいしそう(笑。
それが、例えば「黒麺麭に白バタと蜂蜜」みたいなんじゃなくて、
地に足がついた感じでよいのだ。

★★★★
20090607借
小説 ナ行 / comments(0) / trackbacks(0)
長野まゆみ『左近の桜』
長野まゆみ『左近の桜』2008.7、角川書店、
260p、1300-

第1章 花も嵐も春のうち
第2章 天神さまの云うとおり
第3章 六月一日晴
第4章 骨箱
第5章 瓜喰めば
第6章 雲母蟲(きらむし)
第7章 秋草の譜
第8章 空舟(うつおぶね)
第9章 一夜半
第10章 件の男
第11章 うかれ猫
第12章 海市


名字は左近、名前は桜蔵と書いて「さくら」。
できればフルネームで自己紹介はしたくないかれの、
実家の家業は旅館「左近」。
武蔵のはずれで、公にできない恋人同士の隠れ家として、
ひっそりと営業している。
常連客の多くは社会的地位の高い男性で、
その恋人も同性である場合が多い。
「左近」の女将である父、
他に家庭があるけれど妻公認で「左近」を訪れる外科医の父、
にぎやかでわがままだが、憎めない5つ下の弟、
弟が所属する生物部の顧問で、要領の悪い下宿人の羽ノ浦、
1級上で、医大を目指す受験生である女友達の真也。
個性豊かな人々に囲まれて、桜蔵の波風立てずに普通に生きたい
願望はいつもかなえられないことが多い。
しかも最近、桜蔵はどうも、奇妙な男に関わることが多い。
どうやらそれは、この世のものではないようなのだ。
-----------
はい、定番の「波風立てずに普通に生きたい」願望の主人公が、
ある種の人々(じゃないときも多いけど)には垂涎の何かを持っていて、
その人たちに集られてわけわかめ、のお話ですよー(笑。
…終わり。
あ、いやいや、おもしろいけど(笑。
半ズボンにハイソックスの美少年にどうしたこうしたよりかは、
詰め襟の美男子をどうしたこうしたのほうがいいにきまってる(そうか?)
あー、桜蔵くんはこんなに真也ちゃん好きなのになー。
そっちの道に(も)行っちゃうのかー。

ちなみに「六月一日晴」の読みは「くさか・きよし」。
名字が「望月」の質屋さんの屋号は「八疋」(15-8=7)。
紙を扱う商家の軒先には「紙商い」と墨書した古紙の束が下げてあって
屋号は「風はや」(ちはやふるかみ、らしい)。

というようなことば遊びにぞくぞくする文学系(元)少女御用達本。

★★★
20081210借
小説 ナ行 / comments(0) / trackbacks(0)
梨木香歩『ぐるりのこと』
梨木香歩『ぐるりのこと』新潮文庫、2007.7、223p、400-
初出:2004.12新潮社

エッセイなので、小説のカテゴリに入れるかは迷ったんだけど、
梨木なので、まあここで。

2008.3購入
小説 ナ行 / comments(0) / trackbacks(0)
野中ともそ『フラグラーの海上鉄道』
野中ともそ『フラグラーの海上鉄道 Flagler's Folly 』
集英社、2002.4、269p、1600-


事故に遭って植物状態の妻を見舞う病院で、僕はルルに出会った。
ルルが見舞っていたのは祖母。
今はすっかりぼけてしまっているが、若い頃アメリカへ洋行し、
そこで恋に落ちたらしい。ルルはキューバンのクォーターだ。
祖父が祖母に送ったらしいという絵はがきには、
海上に架かる橋を走る機関車の写真。
マイアミとキー・ウェストを結んでいたという海上鉄道。
建設したのはフラグラーというひとりの富豪。
1912年に開通し、1935年に最大級のハリケーンによって、
列車と乗客を巻き込んで崩壊するまでの23年間、
鉄道は小さな島々を繋ぎ、走った。
フラグラーの夢の軌跡をたどるように、祖母アツエは恋に落ち、
ルルはアツエの恋の軌跡をたどって、僕の前から姿を消す。
そして僕はルルを追って、キー・ウェストにたどり着いたのだ。
-----------
悪くない話なのだが、そこはかとなく『ノルウェイの森』を
彷彿するのは何故だろう。。や、大好きだけど『ノルウェイ』。
この人の文章は、一人称だけど、こうなんというか、
語り手が見た風景や食べたものの味、風の匂いなんかがすごく
ビビッドで、色彩豊かな感じがする。
落ち込むときはしみじみ胸が痛いし、快感さえ共有できそうな。
感情移入しやすい文体ということかしら。
うーん、そういうわけじゃない気もするが。

それにしても行きたいぞ、キー・ウェスト。
列車が走ることがない、途切れた海上鉄道の線路なんて、
廃墟萌えには聖地みたいなもんじゃないですか(笑。
…フロリダは遠いけどな。

20080625借
★★★
小説 ナ行 / comments(0) / trackbacks(0)
野中ともそ『チェリー』
野中ともそ『チェリー』ポプラ社、2007.9、
293p、1400-


その州に住む人々は、自分たちの州をさくらんぼの州、と自称する。
夏にはチェリー・フェスティバルが盛大に開催され、にぎわう。
両親が離婚したために、僕がアメリカから帰国したのは12歳のとき。
4歳から12歳までをアメリカで暮らしていた僕が、日本の中学校に
なじめるはずもなく、ヘッドホンで大音量のギャングスタをかけ、
気持ちを武装する日々。
その夏、伯父が渡米する際に僕を誘った。
伯父も結婚してアメリカに住んでいたことがあったが、
前妻の母がそのときの家に住み着いて出ていってくれないというのだ。
家を売却して、今の妻の病院代に充てたい伯父は、かつての義母に
転居をお願いする(促す?)ときの要因として、
僕を連れていってくれることにしたのだ。
息苦しい毎日を送っていた僕は二つ返事で承諾した。
聞くところによると義母は、庭に聖なる丘と称してごみためを作り、
家の外壁を塗り替えたり、壁に穴を開けたりしていて、
家は近所から「魔女の館」と呼ばれているというのだ。
初めて会った義母、モリーは小柄な女性で、
しかも子どもの僕に人見知りをした。
それでも小さな声でこう言ったのだ。「来てくれて、うれしい」と。
-----------
続けて読んでます、野中ともそ。
アメリカンな風味の『西の魔女が死んだ』少年ver.といったとこかな。
モリーの料理が何もかもおいしそうで困った(笑。
アメリカでは、りんごだけじゃなく、チェリーも、
生食用と料理用に分かれてるんだなあ。

20080625借
★★★
小説 ナ行 / comments(0) / trackbacks(0)
野中ともそ『おどりば金魚』
野中ともそ『おどりば金魚』集英社、2007.7、
253p、1500-

草のたみ
ダストシュートに星
子鬼ちゃんのあした
イヌとアゲハ
タイルを割る
砂丘管理人
金魚のマント


小さな古いアパート、メゾン・エルミタージュの住人、管理人、
かれらに関わる人たちの短編連作。
登場人物はさりげなくかぶるけど、
短編ごとに一人称の語り手が変わるので、
ある人物が他者の視点から語られ、その人物の近況が
さりげなく読者にだけわかるようになっている。
目線が優しくて、和んで読めた。
「砂丘管理人」が素敵。まさか猫の名前とは(笑。
金魚好きとしてはタイトルも素敵。
この人の作品は2冊目だけど、他のにも手を伸ばそう。

20080610借
★★★
小説 ナ行 / comments(0) / trackbacks(0)